新卒採用

『誇り』や『使命感』が持てる建設技術者になりませんか?

 建設技術者は地球上の何もないところから大きなモノを創りあげていくロマンがあり、創りあげたものが地球上に残り続け、そして、それを見るたび創り上げた時の記憶も甦ります。建設技術者でしか味わうことができない醍醐味の一つですが、地元の建設技術者はそれだけではありません。「地域の皆さんを守っているんだ!」という『誇り』や『使命感』を持ちながら仕事をしています。 当社の社員が平成25年度建設産業人材確保・育成推進協議会「私たちの主張」論文で国土交通大臣賞を受賞した作品です。読んで下さい。

「父の背中」

春山建設株式会社 日下 実

 ぼくのお父さんは設計士です。 毎日机に向かい、定規を上手に使いながら、おうちの図面を書いています……。 小学五年生の時、作文でそんなことを書いた記憶がある。 自営業だったため、毎日仕事をしている父の背中を見ながら育った私は、建設業の道へと進んだ。これが様々な職業があるなかで、建設業を選択した理由だ。 入社して3年位経った頃、初めて担当した自分の現場で、自分が測量して掛けた丁張り通りに、きれいな弧を描いて据え付けられた大型水路。竣工検査前に、先輩の操作する高所作業車に乗り込み、20mから見おろす恐怖と闘いながら完成写真を撮った。その時の写真は、今も私の名刺入れの中にある。 自分が先頭に立って造り上げた現場。いろんな苦労はあったが、竣工してスケールの大きい完成物を見てしまえばそんな苦労も吹き飛んだ。 達成感がもたらしたモノ。苦労が無ければ得られなかったモノ。そのモノがあったからこそ20年以上もこの仕事を続けて来られたのだと思う。 私の仕事であるこの建設業は、決して楽な仕事ではない。これは、断言できる。強い日差しの中の作業、雪が舞っている時も休めない。残業も当然あるし、竣工間際は休みが無い時だってある…。そんな挫折しそうになる時、名刺入れに入っている写真を見て、あの頃を思い出す。 そんな過酷な仕事なのに、私がこの建設業を続けている理由は、他にある。 東日本大震災を経験し、それが再確認できた。震災前からも、降雪時の除雪作業や大雨時の緊急復旧工事にも従事してきた。 今回の東日本大震災では道路の啓開、ガレキ処理に奔走した3ヶ月。その後の海岸や河川の堤防復旧工事など…。建設業に従事しなければ味わうことのできなかった使命感。そして何より地域の人たちを守っているという誇り。 これが、建設業に従事していて良かったと思える瞬間。 でも、災害対応は危険を伴うし、へまをすれば自分だって被災してしまう。また、同じ目に遭っている家族を家に置き去りにして、被災した地域のために復旧活動をしなければならない。 苦労に優る充実感と使命感、そして誇り。これが無かったらこの職業を続けてはいなかっただろう。 「ぼくのお父さん」。 私が書いた学年に来年、息子は進級する。息子は将来をどう考えているのか?親としても興味がある。建設業に従事しろとは言わないが、何の職業でもよいから、人のため世のため、仕事をするからには一生懸命頑張れ!と、助言する。 私の背中を見て育っていれば、建設業に従事するかもしれない。まずは、息子がそう思えるように私自身がならなければならないと思う。 私が小さい頃に思ったように…。
どの様に感じたでしょうか? 建設技術者という仕事の厳しさや地域に根差し、地域に寄り添う地元の建設会社で働くからこそ自負できる建設技術者の気持ちが少しでも伝わったでしょうか?なかなか大手ゼネコンの建設技術者では感じることができない心持ちです。

新卒採用募集要項

募集条件 2020年3月に高校以上を卒業予定の方
募集人数 技術職(施工管理):若干名
職務内容 技術職:現場の施工管理 ※詳細は会社説明会で説明致します。
初任給 院了:210,300円 大学卒:203,300円 短大・専学卒:180,200円 高校卒:170,300円 ※2019年4月採用予定者見込み
昇給・賞与 昇給年1回 12,600円(入社2年目)※2018年5月実績 賞与年3回(4月、7月、12月)2017年実績は合計9ヶ月分
待遇・福利厚生・社内制度 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険 退職金制度、財形貯蓄制度、資格取得支援制度、 報奨金制度(優良工事、論文受賞等)
勤務時間 8:00~17:00(休憩80分)
勤務地 岩沼市や名取市を中心に宮城県内
休日休暇 隔週休2日制、夏季連続休暇、年末年始連続休暇、有給休暇 ※業務進捗次第で土祝出勤の場合は休日出勤手当が支給されます。 ※日曜日は休んで頂きます。 ※有給休暇を取得したからといって個人の業績は下がりません。
応募書類 ・履歴書 ・卒業見込証明書 ・健康診断書 ・国家(民間)資格証の写し(※ある場合)
応募方法 <会社説明会> 「電話」もしくは「お問合せ」から申込み願います。(担当:佐藤、今野) <選考会> 上記の応募書類を弊社(本社、担当:佐藤直樹)宛てに郵送して下さい。 書類選考のうえ、追ってご連絡いたします。 なお、応募書類は返却致しませんので予めご了承下さい。